メッセージ





佐藤正文から皆様へ


在留資格は日本にいる全ての外国人にとって、非常に重要なものです。けっして疎かにできません。

私が行政書士になってから様々な相談を受け、また、手続をしてきました。その中でも一番悲しく、残念なことは、相談
を受けた時には打つ手がないという時です。なんら悪意はなく、単にうっかりしていた、あるいは、ビザの仕組みを良く
知らないために誤ったやり方をして、日本滞在が出来なくなった外国人の何と多いことか。もう少し早く相談していれ
ば、救えたのに、もはや手遅れになってしまった外国人の何と多いことか。

自分の国ではこうであった、友達はこれで上手くいった、以前別の国にいた時にはこうであったから日本でも大丈夫な
ハズなど、何の根拠もない情報で動いていたのです。

これだけは覚えておいてください。

「在留資格は、日本国から与えられるものではありません。降ってくるものでもありません。外国人自らが様々な資料
(立証資料)を使って、自身をアピールし在留資格を勝ち取るのです。」

入管は書面審査が基本です。提出された書面でのみ、その外国人の入国や在留、資格変更などの可否を判断するの
です。それは、入管法において立証責任は外国人が負うとされているからなのです。裁判の一部勝訴、和解、話し合い
での痛み分けなどはありません。許可か不許可、どちらか一方です。渉外業務がきついと言われる理由です。

自らの在留を確保するためには、時に、専門家へ依頼することも必要と思っています。確かに費用はかかります。しか
し、日本入国ができたり、日本に引続き在留できるという結果を手に入れられるのならば、価値のある支払いであると
私は考えます。

悪意はなくても、一度でも入管法の規定を破った場合、それを回復するのはとてつもないエネルギー(費用、時間、労
力など)を必要とします。本当にそう実感します。

今一度、自らの人生設計と同じようにビザについても真剣に考え、日本で夢を叶えて下さい。チャンスをものにするの
は、あなたです。そのために専門家を上手に使えばいいのです。


    

このページのトップへ


【さとう行政書士事務所】
TEL 03−6657−8193  FAX 03−6657−8209   メール 
携帯電話 080−5089−4033