技能(Skilled Labor)


■該当する外国人

特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事しようとする外国人で、経歴や待遇面についての一定の要件を
満たすもの 


1.外国料理、外国食品の製造・加工(例:コックさん)
2.外国特有の建物、土木にかかる技能(例:ゴシック様式の建物建築職人)
3.外国特有の製品の製造、修理(例:ペルシャじゅうたん職人)
4.宝石、貴金属、毛皮加工(例:ジュエリー職人)
5.動物の調教
6.石油探査のための海底掘削、地熱開発のための地質調査
7.飛行機の操縦(2,500時間以上の飛行経歴)
8.スポーツ指導(3年以上の指導歴とオリンピックか世界選手権出場レベルの出場歴)
9.ソムリエ(5年以上の実務経験と国際ソムリエコンクールで優秀な成績を収めたなど)


*1〜6は、原則10年以上の実務経験が必要
*この在留資格は、上記9職種に限定されています。


        
              

■在留期間

3年又は1年


■申請書類

●在留資格認定証明書の取得

1.在留資格認定証明書交付申請書
2.写真2枚(縦4cm×横3cm)
3.招へい機関の商業・法人登記簿謄本及び損益計算書の写し
*新規事業の場合は、今後一年間の事業計画書

4.招へい機関の事業内容を明らかにする資料
・案内書、外国人社員リスト

5.経歴書並びに活動に係る経歴及び資格を証する公的機関が発行した文書
・履歴書、公的機関発行の資格証明書、在職証明書

6.活動の内容、期間、地位及び報酬を証する文書
(例)雇用契約書、採用通知書など


●在留期間の更新

1.在留期間更新許可申請書
2.旅券・外国人登録証明書
3.活動の内容、期間及び地位を証する文書
(例)在職証明書、雇用契約書

4.年間の収入及び納税額に関する証明書
(例)納税証明書、源泉徴収票


●在留資格の変更

1.在留資格変更許可申請書
2.旅券及び外国人登録証明書
3. 招へい機関の商業・法人登記簿謄本及び損益計算書の写し
*新規事業の場合は、今後一年間の事業計画書

4.招へい機関の事業内容を明らかにする資料
・案内書、外国人社員リスト

5.経歴書並びに活動に係る経歴及び資格を証する公的機関が発行した文書
・履歴書、公的機関発行の資格証明書、在職証明書

6.活動の内容,期間,地位及び報酬を証する文書
(例)雇用契約書、採用通知書など


*上記の書類のほか、審査を行う上で必要となる資料の提出を求められることがあります。


ビザ手続の基礎へ


         



【さとう行政書士事務所】
TEL 03−6657−8193  FAX 03−6657−8209   メール 
携帯電話 080−5089−4033