短期滞在(Temporary Visitor)


■該当する外国人

日本に短期に滞在して行う観光、保養、スポーツ、親族訪問、見学、講習会への参加、連絡事務など


(例)
1.観光、娯楽、通過目的での滞在
2.保養、治療目的での滞在
3.競技会、コンテストなどへの参加
4.知人、友人親族訪問、親善訪問、冠婚葬祭などへ出席する者
5.見学、視察などの目的で滞在する者(工場見学、見本市などの視察)
6.教育機関、企業などの行う講習会、説明会への参加
7.商談、契約の調印、アフターサービスなどの活動
8.日本の大学などの受験


■在留期間

90日、(30日)又は15日



■在留資格の決定

・航空券など
・旅券
・経費支払証明書
申請人が経費を支弁する場合
(例)預金残高証明書など

申請人以外が経費を支弁する場合
(例)納税証明書、源泉徴収票など




                



ビザ手続の基礎へ


         




【さとう行政書士事務所】
TEL 03−6657−8193  FAX 03−6657−8209    メール 
携帯電話 080−5089−4033