研修(Trainee)


■該当する外国人

公私の機関により受け入れられて行う技術、技能又は知識の習得をする活動
(産業上の技術・技能の研修のみならず、地方自治体等での行政研修や知識を習得するための事務研修も含まれる)


研修実施体制等についての一定の要件を満たす研修受入先において、同一作業の反復のみによって修得できるもの
ではない技術等を修得しようとするもの


*研修の資格から原則他の資格への変更は出来ません。
*研修は日本で習得した技能、技術、知識を本国に持ち帰り本国の経済発展などに役立てるのが狙いです。



■在留期間

1年又は6カ月



■申請書類

●在留資格認定証明書の取得

1.在留資格認定証明書交付申請書
2.写真2枚(縦4cm×横3cm)
3.研修の内容、必要性、実施場所、期間及び待遇を明らかにする研修計画書
4.帰国後、習得した技術、技能、知識を要する業務に従事することを証する文書
5.職歴を証する文書
6.研修を指導する者の職歴を証する文書
7.派遣機関の概要を明らかにする文書
8.受入機関の商業・法人登記簿謄本、損益計算書の写し、常勤職員の数を明らかにする文書及び研修生名簿


●在留期間の更新

1.在留期間更新許可申請書
2.旅券・外国人登録証明書留期間更新
3.研修を受けている機関からの研修の内容、場所、期間、進ちょく状況、待遇を証する文書
4.研修生名簿


●在留資格の変更

1.在留資格変更許可申請書
2.旅券及び外国人登録証明書
3.研修の内容、必要性、実施場所、期間及び待遇を明らかにする研修計画書
4.帰国後本邦において習得した技術、技能、知識を要する業務に従事することを証する文書
5.職歴を証する文書
6.研修を指導する者の当該研修に係る職歴を証する文書
7.派遣機関の概要を明らかにする文書
8.受入機関の商業・法人登記簿謄本、損益計算書の写し、常勤職員の数を明らかにする文書及び研修生名簿


*上記の書類のほか、審査を行う上で必要となる資料の提出を求められることがあります。


ビザ手続の基礎へ


         



【さとう行政書士事務所】
TEL 03−6657−8193  FAX 03−6657−8209    メール 
携帯電話 080−5089−4033