定住者(Long Term Resident)


■該当する外国人


法務大臣が特別な事情を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者

(例)
1.インドシナ難民等
2.いわゆる南米の日系2世、日系3世
3.離婚・死別(日本人の配偶者等→定住者)


■在留期間

3年又は1年

3年を越えない範囲で法務大臣が指定する期間



■申請書類


●在留資格認定証明書の取得

1.在留資格認定証明書交付申請書
2.写真2枚(縦4cm×横3cm)
3.戸籍謄本、婚姻証明書、出生証明書その他その外国人の身分関係を証する文書
4.在留中の経費を支弁することができる文書、その外国人以外の者が経費を支弁する場合には、その収入を証する
  文書
5.身元保証書


●在留期間の更新

1.在留期間更新許可申請書
2.旅券・外国人登録証明書
3.身元保証書
4.戸籍謄本、婚姻証明書、出生証明書その他その外国人の身分関係を証する文書
5.収入及び納税額に関する文書、収入のない場合は扶養者の職業ならびに
  収入に関する証明書


●在留資格の変更

1.在留資格変更許可申請書
2.旅券及び外国人登録証明書
3.戸籍謄本、婚姻証明書、出生証明書その他その外国人の身分関係を証する文書
4.在留中の経費を支弁することができる文書、その外国人以外の者が経費を支弁する場合には、その収入を証する
  文書
5.身元保証書


*上記の書類のほか、審査を行う上で必要となる資料の提出を求められることがあります。


ビザ手続の基礎へ


         




【さとう行政書士事務所】
TEL 03−6657−8193 FAX 03−6657−8209     メール 
携帯電話 080−5089−4033