電子定款とは





電子定款のメリット


会社設立を設立する時には定款(会社の運営規則を定めた文書、ルールブック)作成が必要なのは、ご存知のことと
思います。そして、出来上がった定款には、収入印紙を貼って公証人の認証をうけます。これが、紙で定款を作成した
場合です。今までの会社設立です。

一方、定款を紙ではなく、電子文書として作成した場合には、定款に印紙を貼らなくて良いことになっています。(電
子媒体は、文書ではないので印紙税法で課税対象になっていないため、非課税扱い)つまり、印紙代を負担しなくてい
いのです。ただし、このやり方で定款を作るには、あらかじめ、電子証明書の発行を受けたり、特別なソフトの購入費
用として別途、約10万円を負担しなければなりません。


電子定款で認証を受ける具体的な手順


定款をワードや一太郎で作成し、PDF化します。PDF化した定款に電子署名をして、フロッピーディスクに格納します。
そして、指定公証人のいる公証役場で認証をうけます。(現在のところ指定公証人は、全ての公証役場に配置されてい
ません。)



当事務所は、電子定款システムを導入しました。当事務所で会社を設立し、印紙代を浮かしましょう。





このページのトップへ


【さとう行政書士事務所】
TEL 03−6657−8193  FAX 03−6657−8209   メール 
携帯電話 080−5089−4033